So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

昭和の機体(バルプレーンとか)を飛ばそう 【開催日変更のお知らせ】

9年目を迎える『昭和の機体(バルプレーンとか)を飛ばそう』開催日変更のお知らせです。
10月7日は、まつぶし緑の丘公園で防災訓練が行われるため、第2日曜日に変更します


ヨロシクお願いいたします。(事前の情報収集不足でスイマセン)


<ご注意ください>
・いつもの宮代杯とは使用できる機体が異なる為、ご参加頂ける方は機体の準備をお願いします。
・『昭和の機体(バルプレーンとか)を飛ばそう』は、テキトーにノンビリ楽しむ趣旨のため宮代杯年間ポイントの対象外です。


開催日:10月14日(日)
開催場所:まつぶし緑の丘公園
競技開始:8時00分~
参加費用:無料
機体規格:以降参照


<競技方法>
・40秒Max、CLG:6の5 HLG:8の5、自由発航(当日の天候により変更アリ)
・ハンドランチ、パチンコの混合競技
 *パチンコ(CLG)の場合、ゴム量は1g未満、カタパルト棒は長さ40cm以下


<参加資格>
相互計時にご協力いただける紳士/淑女
・ストップウオッチを必ず持参ください。


<機体規格>
①HLG-B規格(投影スパン165mm以上360mm未満)かつ、昭和(1989年以前)に書籍(バルプレーン本)や雑誌(Uコン技術やモデルジャーナル、子供の科学)等で発表された機体であること。
但し、山森さん生誕96年を記念して、山森さん設計の機体については、スパン360mm以上でも使用OKデス。
②デサ付き機体が望ましい。


<そんな訳で、参加可能な機体は・・・>

「よく飛ぶバルプレーン」、「よく飛ぶ模型飛行機」、「子供の科学の山森さん連載記事」に載っている機体
・山森さん設計の機体は、どれでも参加OK。(スパン制限ナシ)
・翼端投げへの改造OK、HLGをCLGへ変更してもOKです。
・「よく飛ぶ模型飛行機」には、紙製CLGの機体も載ってます。当然、紙での参加もOKです。


「やさしい模型飛行機ガイド」
・クライマックス 設計:萱場達郎さん 展開スパン:350mm


「Uコン技術」
・MINI FLASH 設計:Dick Mathisさん 展開スパン:340mm
・MINI MAX MK-2 設計:勝田大一さん 展開スパン:340mm
・Dream S-46 設計:黒川晋さん 展開スパン:340mm
・ミニランチ 設計:佐々木正司さん 展開スパン:300mm
・カタパルトグライダー 設計:館林重雄さん 展開スパン:198mm など


「Launchers会報」
・CHIBITA-GO 設計:田中晋さん 展開スパン:280mm


「湘南模型飛行機研究所 別館」
・30cmランチ 設計:石川@湘南さん 展開スパン:320mm


「1988年以前の”子供の科学”の切抜き付録」二宮先生の紙飛行機
・埼玉県立図書館を確認したところ、1980年1月以降は在庫があるようです。
・少しメンドウかもしれませんが、昭和の時代の「子供の科学」から思い入れのある機体の型紙をコピーし、『昭和の機体(バルプレーンとか)を飛ばそう』に参加いただくのもOK牧場です。


タグ:競技会
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。